DQNタソblog
created by darkpolice
03 | 2006/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
PROFILE
dqntan
  • dqntan
  • 松本::darkpolice

    blog for dqn-girls:
  • RSS1.0
LINKS
SEARCH
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
去ってゆく同僚を思いながら
 春は出会いと別れの季節なんていう。私の所属する携帯電話開発チームにも、二名の新人が入り、一名の卒業者が出た。


 たった4ヶ月とはいえ、同じチームで働いた同僚と別れるのは悲しいものだ。はじめてできた後輩であり、彼女の本音なんかも聞いていたから、余計そう思うのかもしれない。なんというか、水が合わなかったようだ。私たちの携わる仕事は重要ではあるが、恐ろしく暇である。そこが堪えられなかったらしい。私のように、リハビリがてらにやってるような人間に丁度いいが、まだ若い彼女にとって、仕事に意義が見いだせなくなったんだろう。彼女はモデルのような体系で、おしゃれで、目立っていた。普段生活する中で、絶対に接触することのないような人だ。彼女がチームに入ってきてからも、担当が違っていたし、そんなに話すことはなかった。しかし同じ機種を担当するようになって、彼女に指示を出したり、質問に答えたり、まあ普通に話せてた。それがずっと続くもんだと錯覚していた。


 いままで、学校の卒業式なんかに出ても、なぜか実感が湧かなかった。その感動は、自分ではない誰かのために用意されているのであって、自分とは直接は関係ないという思いがあったからかもしれない。しかし、今回はなぜか悲しさが胸に迫ってきた。一週間前に、彼女が会社を去ることを知らされ、しかしそれでも現実感はなかったが、2日前になって、急に悲しくなった。まだ、二つ横の席の彼女は普通に仕事をしているというのに。


 四月からチームに入ってきたふたりの歓迎会と、去ってゆく彼女の送別会が行われた。二時間のささやかな会で、そこにウェットな感じはなかった。みんないつものように、笑いながら話している。
 最後、駅の構内で別れるまでのわずかな間、ふたりで話した。
「松本さんは(わからないことが)聞きやすかったし、いろいろ教えてもらったんで本当に感謝しています」
 と言われた。そんな大したことをした覚えはなかったから照れくさかった。


 人生とは、出会いと別れの連続でできている。去ってゆく彼女が、やりがいのある仕事に就けるなら、私はそれでいいと思う。あと何度こういうことがあるのかわからないし、そのとき私が今回のような感慨を抱くかはわからない。「残念だ」と、一言で終わる話だが、彼女には私よりも明るい未来が、必ず待っている。それを希望に、また休み明けからがんばってみようか。

スポンサーサイト
【2006/04/29 23:53】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
氷結
 最近逝ってなかったスーパーに逝ったら、冷凍食品が半額で売ってた。ここぞとばかりに買いまくる。最近弁当を作るようになったから、おかずに使えそうなものと、ミックスベジタブルは買っとかないと。あと久しぶりにチャーハン系いっとくか。あ、うどんとかも、いざというときに、、、と買い込んで家に帰ったら、冷凍庫の半分が謎の氷で埋まってた。

 コレはもうダメかもわからんね。



 ゴールデンウィーク使って溶かすよ。

【2006/04/27 23:04】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ハリセンボン
 今日、ロンドンハーツの女芸人祭りにハリセンボンの近藤春菜が出てた。ハリセンボン。若いのにおばさんみたいなふたり。でも、好き。ネタも面白いし、ふたりともアドリブが利く。ふたりのブサイクさは輝いている。なんつーか、原石はやはり磨けば光るのであり、それはなにも外見だけではないと思うのだ。


 ロンドンハーツで、梨花の驚異的なボケに笑い、バブル青田のクオリティの高さに驚いた。放送作家だけではなく、やはりロンブー淳のプロデュース力の強さ、コレ。今回も、新人の春菜に対し、「近藤さん」と呼びかけ、彼女の面白さを引き出した。彼が最後に冗談のようにこぼした「近藤さん、2006年ブレイクするよ」って言葉には、真実みがある。テレビに出る女芸人は、大半が面白くないし、どこか自意識過剰だ。だけど、ハリセンボン。自分の弱さを知り尽くした人間だからこそ、彼女らの合コンネタに魂は宿っている。



よしもと芸人ハリセンボン近藤春菜のまぁまぁのブログだね。
http://mycasty.jp/harisen_kondo/

よしもと芸人ハリセンボン集いの広場
http://mycasty.jp/harisenbon/index_home.html
【2006/04/25 23:07】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
DJ OZMAとバブル青田
夢がもし 夢のままなら 絶望なんてしないのにね

ジーザス/バブル青田



 OBEYみたいなマークが印象的なDJ OZMAと、ロンブーの番組企画で誕生したバブル青田。両方ともちょいダサ目なのが馬鹿になって騒ぎたい今の日本にフィットしたのかもしれない。売れてるらしい。


 ダサイと言っても、ふたつとも音が超いい。DJ OZMA「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」は近田春夫氏のレビュー通り、ギリギリ感がかっこいい。原曲は韓国のアーティストの4年くらい前の曲とか。「NA-NA-NANANA」のとことか韓国っぽい。韓国のものって、そのまま持ってきたらやっぱ日本からは10年くらい流行りがずれてるんだけど、DJ OZMAというフィルターを通すと、ダサかっこいい。無国籍感が金城武級だ。ココで観ることができるPVもほどよいアジア感がすばらしい。韓国のダサさが”逆に”カッコいいっていうのはテクノ界隈では昔からけっこう見られたことだった。ハングル文字にテクノっぽさがあったからかもしれない。DJ OZMAは、そこにヤンキー文化を持ってきた。そしてそれに付随するダサさを。わかっててやってるから、クオリティが高い。力の入れ具合が絶妙なんだろう。カップリング曲の「BOYS BRAVO!」はまた男の友情を歌ってるわけだけど、このトラックがすごいかっこいいね!ボーカルは、ボイスチェンジャーなの本物の女性なのかはわからないけど、女性の声で男の世界観を歌い上げるってのが偏差値高くていい感じ。さすが翔やん。


 バブル青田は、もう小室哲哉最高!って感じ。こういう使える企画もんを考えさせたらロンブー淳ってのは名プロデューサーだと思うんだけど。あ、そういえばロンブーのアルバムも出てるよー。もちろん亮ソロの名曲や「もずくん」とかも入ってる。バブル青田「ジーザス」レンタルだったんだけど、同時に小室哲哉作品集も借りてきた。TRFの「BOY MEETS GIRL」と「survival dAnce」がまたすごいいい音!ライナーノーツの曲解説はいいように捕らえ過ぎ感はあるけど、すごいなと。小室哲哉も、その軽薄さが許せればどこまでもハマっていけるプロデューサー。宮沢りえの曲とか聴けていいよー。…にしても、こういう小室マスターピースに並べられると、あみにゃんの声がヒジョーにしょぼく感じられて困る。TKがせっかくavexとよりを戻したんだから、も一度マスタリングし直してほしい!今回もしてんのかもしれんけど。


 DJ OZMAにしても、バブル青田にしても、こういう企画ものは後から入手するとなると意外と困難を極めるので、手に入るうちに手に入れときましょう。もしくはレンタル→MP3→CD保存だ!



DJ OZMA オフィシャルホームページ
http://www.dj-ozma.com/main.html

DJ OZMA アゲ♂アゲ♂Archives
いわゆるブログというやつなんだけど、おもしろいよー
http://djozma.exblog.jp/
【2006/04/23 23:55】 音楽 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
竹取コード
  

 今日、上野でマッドバーバリアンの中の人らしき人が店頭デモンストレーションみたいなことをやってるのを見た。超どうでもいい。トーマ氏とかフリフリカンパニーとかデビルロボッツとか、ああいう作風はちょっと好かんのですよね。クールトイが嫌いなわけじゃなく、いやむしろ好きなんだけど、どうかなあ。キューブリックも最近少しなあ。サンリオにハマり過ぎかな。


 『ダ・ヴィンチ・コード』を読み終えてしまったので、いまは電車で『ダ・ヴィンチ・コード・デコーデッド』ていう謎本読んでる。てか、本当に日本でこの本流行ったのか??陰謀論は好きでも、原始キリスト教とかヨーロッパ系の秘密結社とか、オタしか好きじゃないはず。最近ようやく官僚とか、トラウマとか受け入れる土壌ができたばっかりなんだし。私の好きな『ミレニアム』シリーズだって流行ってたわけじゃないしなあ。地方局とかケーブルで細々とやってた。それはいいんだけど、、、


 『ダ・ヴィンチ・コード』の物語の主軸となるのは、聖杯伝説。キリストの子を宿したマグダラのマリアと、その子供たちを守り、再び王朝に復帰させるシオン修道会の話。マグダラのマリアがキリストの妻であり、その子を生んだということは、キリストを神としたローマ教会にとっては都合の悪いことだった。その事実をもみ消すために、教会はマグダラのマリアを崇拝するものたちを、徹底的に異端者として排除した。そして聖杯を発見したとされるテンプル騎士団さえも。


 でもそうした教会の努力虚しく、聖杯の伝説は形を変えて世界中に伝わっているらしい。アーサー王と円卓の騎士や、白雪姫、タロットカードも。ほほう、そうなのか。ディズニーアニメは聖杯伝説をモチーフにしたものが多いらしいよ。日本で聖女崇拝の物語というと、宮崎アニメがまっさきに思い浮かぶ。でもあれは聖女っていうより、少女を聖なるものとして見たいだけかな。あれって、いままで自分の生活圏の中にしか現実を見いだせなかった女の子が、初潮を迎え、いきなり世界と繋がるってのがメインな気がする。ナウシカの服が王蟲の子供の血で真っ青になったり、キキが魔法を使えなくなったりとか。別に聖杯とかとは繋がらないかなあ。でも、日本のおとぎ話ではどうだろうか。思いついたのが『かぐや姫』と『浦島太郎』。コレ以外に人間以上的な○○姫が思いつかない。



 『浦島太郎』はインドネシアとか、ハワイ諸島とか、南島系に起源を求められそうだから、『かぐや姫』で。日本初の物語『竹取物語』ですね。作られたのは900年頃といわれている。作者不詳。すでにキリスト教が、そのものが入ってきてたわけではないだろうけど、日本に入ってきたのは予想される。聖徳太子がキリストっぽい性格付けをされてたりするし、仏教の僧侶ならまだしも、商業目的でやってきてた大陸の人間とか、割と世界の流行ということで、キリスト教のことを話してたりしたんじゃないかしら。翁が竹の中からかぐや姫を見つけるのは、森の奥に隠され、保護されたマグダラのマリアを彷彿させる。彼女を手に入れるために無理難題を吹っかけられるセレブたちは、より上位を目指すシオン修道会の会員たちだともとれる。姫がすぐに大きくなるのは妊娠を意味してるのかもしれんね。3ヶ月ほどで大きくなるってのは、おなかが出てくる時期とも重なりそう。最期に月へ還るのはアレだ、メロヴィング朝の復興なわけだよ!


……うん、そうなんだ。あんま日本史詳しくないんだ。(´・ω・`)

【2006/04/16 23:08】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
パトレイバー
 
  フォワードとバックアップは一心同体!


 久しぶりにDVDでも借りるかと、行きつけのGEOに逝ってみた。はっきり言って品揃えはかなり悪い方なんだけど、安いのでここで借りる。と言ってる傍から値上げとかするわけである。攻殻機動隊SAC2ndの7巻を借りようとしたんだがない。なんだよー、もう借りるのないじゃないか。「帰ってきたウルトラマン」はこのまえ最終巻観ちゃったし。そう思って下の方のコーナー観ると、パトレイバーのDVDが増えてる。んー?と思って見てみたらTV版だった。

 うはーwwwテレビ版キタコレ!


 迷わず3巻借りる。で、早速観てみたりするわけだよ。パトレイバーおもしろいなあ。なんたって脚本がいいなあ。状況を作り出すのがうまい。日本の普通の市街地でロボットが動くっていう設定は、もっと増えてもいいはずなんだけど、あんまりないね。肝心のイングラムもしょっちゅう頭破壊されたり腕もげたりするし。このアニメに出てくるロボットは、本当に”機械”って感じがする。意志なんて持ってない。でも、経験値次第で動きが変わってくるっていうのもなぜか伝わってくるから不思議。




 うはーwwwwwシャフト社員黒崎きたよー。。ブロッケン4体キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!ついでにファントムもツイテキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!つーか、ファントムってジャミングするだけのやつかよ(´・ω・`)………
と思ったら目から怪光線キター!!!!!!!!「パトレイバー」の設定でビームって超脅威だよ。思ってたよりファントム強いんだなー。陸自キター!!!X10暴走させたくせにコレ。川井憲次の音楽もいいし、アイキャッチのSDレイバーは多分カードなんかも人気だったSDガンダムの流行りを受け継いでるんだろうけど、ディフォルメ具合が最高。クラブマンかわいい。

 謎のレイバーとして登場する西ドイツの軍事用レイバー・ブロッケンが執拗に第二小隊のイングラムに戦いを挑んでくるのは、後に登場するグリフォンってレイバーのための実戦データを取るためだっていう設定が、昔衝撃だった。最初にブロッケンと第二小隊が衝突する場面。夜の巨大な橋の上で巨大なレイバーが戦うなかで、遠くに見える夜景。その夜景の中に東京タワーがあった。なんだろうか、この郷愁。そこには本当の東京がある。


 インストールとか、OSとか、ローカルエリアネットワークとか、当時はそんなに一般的ではなかった言葉。でも、パトレイバーでは普通に使われている。そういう、現在の延長線上の未来を見せてくれる。例えば劇場版パトレイバーの第一作で、シゲさんがパソコンに向かって「キタ━━━!!!」って叫ぶシーンがある。いま改めて観ると、そのセリフが偶然にも今のネット用語を言い当てているのは興味深い。


 いま、そういう未来を感じさせてくれる作品といえば、また押井監督つながりの「攻殻機動隊」だと思うんだけど、さすがに電脳ってのはないよなと。でも、その世界で使われている、ネットワーク上で会話するテレパシーのような”電脳通信”というものを携帯電話に置き換えてみれば、そういう未来がすぐそこに来ているような気がしない?重要なのは、可能性なんだ。世界は明日未来になるわけではなく、今の延長線上にそれはあるのだから。


機動警察パトレイバー@wiki

▼すげーなおい。劇場版2作の全セリフ。
http://homepage1.nifty.com/~yu/p/index.html


【2006/04/15 23:54】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
アニメージュとか
 アニメージュを書店で見かけて、ちょっと欲しくなった。うーん、表紙がポップだなあ。ガイナの「トップをねらえ2」と電車男のOPアニメ。細い線で、クリアな色使い。TVでは使わない、プロモーション用の絵って違った趣きがあってよいなあ、と。外人が喜びそうだ。


 http://animage.simpleplan.jp/book/0605.html


 まだ永野のり子は読書コーナーの端っこで漫画書いてるのかなあ。「魔女っ子ソンソン」それだけ読みたい。コミックは昔古本屋で入手出来たけど、そのあと出たりしたのかな。出てたら欲しい。


 でもね、アニメージュは買ったら買ったで、すぐに飽きちゃうと思うんだ。出版業界にはもっと面白い雑誌、本気になって作ってほしい。アニメも、アイドルも、ファッションも、おもちゃも、オカルトも、ごった煮みたいな雑誌が見たい。例えば昔の小学生の雑誌のような、おまけ付きでさ。

【2006/04/12 23:57】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
No Doubt!!!!



 iTunesに入れっぱなしにしたまま聴いてなかったノーダウトのシングルコレクション聴いたら、かっこよすぎてヘビーローテーションです。初期の「Just A Girl」がロックしてて最高、いや最強。バウンティハンターのゲスト参加した「Hey Baby」はいうに及ばず、メロディの美しい「Running」も、コレ。





 いろんなジャンルをまたいでも嫌みさがまったくないのは、グエンっていうキャラが立ってるからだろうね。女性ラッパーEVEとやったDR.DREプロデュースの曲でもかっこよかったし。こっちでいうとこの東京事変かしらん?違うかな。

 「Hey Baby」のリミックスのビートが重くていいお!


(・∀・)ヘイベイベッヘイベイベー♪


公式ページ
http://www.nodoubt.com/
【2006/04/11 23:38】 音楽 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
ナイショDEアイアイ
=≡(((((^^ω)
=≡ノノノノノゞ  カサカサッ
 飯島愛の成功こそ、ストリート的だと思うんだけどなあ。誰も彼女のことをラップしたりクラフィティの素材になったりしませんね。及川奈央が飯島愛になれないのは、及川奈央の生き方がなんだかキレイだから。フェミっぽい。セクシーアイドルってなんだ。フジテレビがかなり推してるんだが。いっぽう飯島愛は、本当に汚れてる感じがする。だがそこがイイ!そこも含めて、ショウビズの世界に飯島愛というポジションを確立してるのがすごいんだよ。

 飯島愛のCD欲しい!アルバム、トリビュートでもなんでもいいから出してくれよ!もうさがすの疲れたお。(´・ω・`)


 「イノセンス」二回も見たのか。すげーな。パトレイバー1,2と「う星やつら2」も何度も観てよ!

飯島愛@wiki

飯島愛ブログ
http://ameblo.jp/iijimaai/


 んー、アメブロか。あの社長の考えそうなことだ。
【2006/04/09 22:59】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
Firefoxインしたお。
 


 なんか昨日からトラフィックの高そうなページにいくと、突然ブラウザ(IE)が落ちちゃうので、こりゃセキュリティのアレかな、と思いつつ、しばらくさぼってたソフトのアップデートをやったんだが、改善されず。そういやMac版のIE供給も終わったことだし、これはもうダメかもわからんね。ということでMac純正ブラウザ・Safariを使おうと試みるも、なんか見た感じがヤになった。ああ、私はいつのまにかIEが大好きになってたんだな。


 私がインターネットを始めた頃、使っていたのはネットスケープ・ナビゲータだった。でも、徐々にIEを使うようになる。なんでかわからないけど、市場もだんだんそういう風になって行った。IEの独占状態。そのネスケ陣営が開発したのが、話題のFirefox(レッサーパンダ)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/Mozilla_Firefox

 なんかシンボルマークがかわいいし、興味はあったけど、メンドくさそうで敬遠してたんだけど、これを期にFirefoxを使ってみることに。


 うはー。軽い、なんか軽いね。普段は時間のかかるトラフィック&情報量の多いページも表示が速い。Macとの相性も良さそうだし。でも、いろいろ引っかかる部分もある。うーん、拡張とかいろいろ自分でカスタマイズしないといけないね。本買ってくるか。字が小さいのがどうもな。ダウンロードとかサクサクできていいんだが。

 同じくタブブラウザ系で、日本純血のスレイプニルとかあって、そっちも惹かれるんだけど、八本足はwinでしか走らんらしい。でもフェンリルって社名もオタぽくて好きよ。こういう社名ってネットには必要だと思うんだけど、なんかもっさりした社名しかないね、日本のネット企業は。


http://www.fenrir.co.jp/sleipnir2/

http://www.fenrir.co.jp/


 Firefox。私に懐いてくれるだろうか。


Firefox、Thunderbird日本語版がダウンロード出来るモジラジャパンは下記リンクに。
http://www.mozilla-japan.org/

【2006/04/08 22:20】 DQNタソ | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
キティ
  
 http://uncyclopedia.org/wiki/Uncyclopedia:VFP/archive1#Hello_Kitty


 華原朋美がキティちゃん大好きと公言した辺りから、キティラーという言葉が聞かれ始めた。だれもがキティちゃん好きを公言。小さい頃から、女の子はキティちゃん。だけど、そのころのキティは超ダサかったんだ。いくらマーケティングでその装いを変えようと、”ファンシー”なんてもの、好きにはなれなかった。でも、デザインや、キャラクター造形をするようになって、キティ、いや、サンリオのスゴさに気付いた。それまで、アンパンマンは好きでも、サンリオは嫌いだった。その固定観念を打ち破ってくれたのは、コジックやシェパード・フェアリーだったんだけど。


 ところで、今朝キティが人差し指を口元にやっているポーズの画像を見つけるために、私はグーグルのイメージ検索に「hello kitty」の文字を打ちこんだ。たくさんのキティが出てくる。目的のものはすぐに見つかったけど、そのまま検索を続行した。グーグルってスゴい!


  


 「HELLO TAROT」。これはタロット専門のページで紹介されていたもの。

 http://www.aeclectic.net/tarot/cards/hello-kitty/

 こ、これ欲しい。でも売切れっぽい。サンリオのキャラクターたちがタロットになってる。マイメロの「死神」なんて強烈すぎる!これ、公式グッズなのかなあ。袋とか付いてるっぽいよ。でも白黒だし、超微妙な線。手書き感が丸出し。でもそれが銅版画っぽくもあり、どこかしら昔のサンリオっぽくもあって、すごいいいんだよね。


あと、こんなのも見つけたよ。キティ+ストームトルーパー
【2006/04/06 20:40】 キャラクター | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
シオン修道会ktkr


 文庫本になった『ダ・ヴィンチ・コード』を読んでます。もうすぐ上巻が終わる。今日下巻買った。おもしろーい。しかも読みやすいし。つか好きなものがてんこもりでなおさらなのよね。


 ダ・ヴィンチはあまり好きじゃないけど、いくつか彼の絵で引かれるものはある。「洗礼者ヨハネ」と「岩窟の聖母」。今日読んでたら「岩窟の聖母」出てきたー。オリジナル版はルーブルにあるんだな。

 それにしても。

 シオン修道会てしびれる。女神崇拝。秘密結社大好き。薔薇十字、トゥーレ協会、テンプル騎士団、フリーメーソン、イルミナティ。。ミレニアムとかね!This is who we areよ。アメリカに戒厳令が敷かれた時、世界を支配するのがFEMAという、災害対策組織だということをインチキオカルト本で読んで信じてたけど、カトリーナ災害のときにFEMAって普通にがんばってたなあ。。映画版どうなるんだろうか。アナグラム解くとことか。ルーブル内部とか。つかオプス・デイから絶対クレームくるヨ:


 数学とかって苦手だけど、こういう神秘主義というか、数秘術というか、黄金比とか知ると勉強したくなるよね。本屋でフェルマーの最終定理に関するドラマが綴られた本とか立ち読みしてるけど、すごいなあ。秘密結社の雛形ができてるもんな。数学ができると人生得だと思うよ。だって秘密結社に入れるんだもの!世界を裏側から見てみたい!
【2006/04/04 22:28】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
チートス



(((((・∀・)))))


チートスうめえぇぇぇぇぇ!!!!!!

 なにこのこん棒のような成形!!!!チーズうめえwwwwwww
 最近うまい棒のチーズ味を大量に買い込むんだけどさ。チーズ。そーいやピザもチーズだしな。こりゃあ、こりゃあ体に悪いよ!でも止まらねえ!やめられない止まらない。手で食べるのはキーボード打ちながらだと面倒だから、プログラマぽくハシで食わなきゃならんかもしれんね。


 今日ね、スーパーで買ったんだよ、食料を。上記のチートス含めてね。でさ、800円くらいだったのさ。合計が。レジは、留学生なのかどうか、若い中国人女性だった。”り”さん。李さんがさ、そんなオレに、でっかいビニール袋2つもくれたのよね。もう余る余る。ひとつでもいいところを、二袋くれたのよね。ありがとよぉ、いろいろ使わせてもらうよおぅ。。・゜・(ノ∀`)・゜・


【2006/04/03 22:36】 お菓子 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
サタン
 あまりにもニンテンドーDS LITEが買えないので、勢い余ってセガサターンを買ってしまったです。

 セガサターン


 ちなみにサタン本体と一緒に買ったソフトは「ストリートファイターZERO」、「ヴァンパイアハンター」、「アースワームジム2」「バーニングレンジャー」。同じ日にドリームキャストも手に入る予定だったのでDC版「電脳戦機バーチャロン オラトリオタングラム」も買ったよ。家に帰ってストZEROを久々にやったら、そのゲームバランスの素晴らしさに感動してしまった。


 で、だよ。サタンて他にどんなソフトがあるのかと。中古ショップ(スーパーポテトだよ)でソフトを吟味してたときに、「セーラームーンSS」ってのを見つけた。セーラームーンがポリゴンで描かれている。パッケージに書かれている説明を観ると、対戦格闘ゲーム。えー。超気になったんだけど、スルーした。いま一番欲しいゲームがスーパーファミコンのセーラームーンRPGな私にとっては、スゴい気になるところだったけど。

 気になったんで「セーラームーン セガサターン」で検索をかけてみると、以下のサイトにたどり着いた。すごいサタンソフトのレビュー量。ほとんどのソフトを網羅してるんじゃないか。

 http://www2u.biglobe.ne.jp/~GANMO/saturn/saturn.htm


 でもこれ見ると、セガとカプコンとSNKの格闘ゲーム以外のゲームってどうなのってことになっちゃうなあ。格闘ゲームの移植の完成度こそがサタンの魅力っちゃ魅力。次に買うソフトは「ナイツ」に決定!
【2006/04/01 21:11】 雑記 | TRACKBACK(0) | COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
RECENT ENTRIES
CATEGORY
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACKS
ARCHIVES
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。